貿易職で英語スキルを活かす!大手企業で働くチャンスを得る

海外とのやり取り

履歴書

語学力について

英語を活用した職業には数多くの職業があるが、特に重視される職業としてあるのが貿易事務である。貿易事務は、外国との貿易を行う際、関連する書類を作成したり、海外の業者や役所などとの連絡役を行う業務である。海外の企業との取引においては、英語を利用することが一般的になっているため、貿易事務を行う際には英語は欠かすことのできない能力となっている。その為、これらの仕事に就職や転職で就こうとする場合には、どの程度の英語力があるかを入社試験で試されるケースも多くなっている。また、英語関連の資格を所有しているかも重要なポイントである。入社試験などにおいては、書類選考などの時点で語学力がどの程度あるかを確認されることがある。その為、検定を受験しておき、語学力をアピールできることが就職や転職において必要である。また、貿易事務においては、語学力に加えコミュニケーション能力も重要とされている。貿易事務では、各所との調整を行う必要があり、その際にはコミュニケーションを良く取れることが重視される。さらに海外の企業とのやり取りも発生するため、英語能力とコミュニケーション能力の両方を持っていることが必要である。また、転職などにおいては貿易事務を他社で行っていたかなどの実績を重視されることもある。他の事務作業と比べ、単純な事務作業ではないため、実績や経験が重視される分野でもある。英語力を高めておくことが、重要な業務である。

Copyright© 2018 貿易職で英語スキルを活かす!大手企業で働くチャンスを得る All Rights Reserved.